開運グッズ

呪いにかからないように

呪いは、いつもすぐそばにあります。
呪いは人から受けるので、人に対して気をつけないといけないのも事実。

 

相手も呪っているかどうかすら気づいていないこともあります。

呪いにかからないようにするためにエントリー一覧

呪いとは何か

これはすべて、聞いた話であって、事実かどうかはわかりません。しかし、そのような事象、現象が実際に起こっていて、その理由は説明がつきません。まず、呪いと言うのは人がかけるものであり、何かなければ、呪いにかかる事はありません。知らず知らずのうちに人を傷つけ、その念が呪いとなって呪いとなります。まずは人を...

続きを読む

ご先祖を敬い大切にする

呪われやすくなるのは、ご先祖に保護されなくなったとき。ご先祖には、常日頃から感謝し、生まれてきたこと、この世に生を受けたことを感謝しましょう。どのような場合であっても感謝しましょう。のろわれないようにするために大切なことは3つあるそうで、ひとつは、ご先祖様を大切のすることもうひとつは、他人の秘密は守...

続きを読む

結界をはる

呪いは人が運んできます。人には敬意を払うことが大切。パーソナルスペースと言う言葉をご存知でしょうか?心理学用語なのですが、無意識のうちに人がつくるテリトリーのことこの境界線をあいまいにしていると人から嫌なエネルギーをもらったりします。たくさんの「気」がある人ごみなどでは結界を作ることを忘れてはいけま...

続きを読む

アクセサリーの流儀

アクセサリーはしっかりと整えて片付けましょう。アクセサリーボックスによくオルゴールの入れ物がありますね。これは、音で、アクセサリーの邪気をはらうといわれています。小物はちゃんと、整理整頓してアクセサリー箱に納めましょう。小さく間仕切りしてあるものが片付けやすいですね。自分をアピールするためのアクセサ...

続きを読む

ため息はつかない

運気を上げて開運だ!という方。ため息はいけません。ため息をつくと他人が不快になりますため息を人前でついてはいけないと教えられた事もあるでしょう。ため息をつくと、他人が気遣います。こういった無意識のマイナスエネルギーは他人を不快にします。運気のエネルギーは自分だけのものではなく、他人からももらっている...

続きを読む

バッグは地面に置かない

カバンをもってお出かけしてしてしまうと、荷物が多いので、ついつい地面に荷物やカバンを置いてしまいます。地面に置いたりして、バッグが汚れていたら運気が下がるといわれています。金具部分もきれいにしましょう。屋外などで、カバンをいすに置くと「ここは、私のもの」といった感じで、他人からいやな目で見られるとき...

続きを読む

バッグはひとつだけ持つ

バッグ・鞄をたくさん持ち歩く人がいますね。バッグ・鞄は気持ちの数といわれます。たくさん持ち歩くと気が散ってしまいます。。バッグは気がたまりやすいものといわれています。たくさんバッグを持っていると、それだけ気が散りがちになります。これは経験があるでしょう。バッグの大きさにも気をつけましょう。バッグは気...

続きを読む